林家 きく麿

林家きく麿

生年月日 昭和47年7月16日
本名 高田 大輔
出身地 北九州
身長 175cm
特技 パントマイム
芸暦  
平成8年11月

落語家 林家木久蔵に入門

平成9年2月 前座になる 芸名 林家十八(はやしや とっぱち)
平成12年5月 二ツ目昇進 林家きく麿に改名
平成22年9月 真打ち昇進
出演テレビ  
名古屋テレビ 「わっしょい」
UMKテレビ宮崎 「ジャガジャガ天国」
NTV 「24時間テレビ」
RKBラジオ 「ホークス 歌の応援団」
NHK 浅野連続ドラマ「こころ」
2009年 ほくとピア若手演芸大会奨励賞
2009年 「NKH新人演芸コンクール」
NTV 「笑点」アシスタント 
BS日本テレビ 「笑点特大号」 ほか

 小さい頃から楽しい事が好きで、今では子供からお年寄りの方皆さんによろこんで頂けるような芸人になるのが目標。
古典落語だけではなく新作落語の作成にも精力的に取り組んでいて、そのユニークな感性から創られる話にはファンも多い。
2009年NHKの新人演芸大賞の予選を突破して本選に出場!大賞は逃したものの会場を大いにわかして注目を集める。
そして2010年の秋に真打昇進、ますます勢いを増して活動中!!
寄席出演・落語公演の他にも地域活動や生涯学習講師、学校公演も多く手掛ける。
落語以外にもパントマイム・物まね・バルーンアート余興にも余念がない。

 

創作作品リスト

:「カミナリの後に・・・」   :「ダレダレダイエット」
:「撤去します。」      :「笑いの肝」
:「パッションネーブル」   :「パッションネーブル2」
:「パッションネーブル3」  :「不幸自慢」
:「こぶしくん」        :「陳宝軒」
:「ああ兄弟」         :「ひがみ」 他多数